ASIAでお仕事

募集が多い現地採用の求人だけでなく雇用条件も調査

ベトナムで仕事をする際に気になること

様々な職業

目線を海外へ向けよう

最近、ベトナムで仕事を探す人が増えてきています。それは日本企業が多くベトナムに進出してきていることが要因です。もし日本の就活のパターンとは違って、海外で実績を評価してもらって仕事を始めたい人は注目です。

READ MORE
JOB

駐在員の条件

駐在員として働く方法もありますが、応募を考える前に企業が駐在員に対して何を求めているのか条件を確認しましょう。たいてい、この駐在員は正社員として企業に就職する形になるので、狭き門であるといえる形態なのです。

READ MORE
木のブロック

採用の応募をしよう

現地で生活して仕事がうまくいくのだろうか、そもそもちゃんと就職できるだろうか、いろいろ不安に思うことがある人は転職支援サービスを利用した方が良いです。現地での生活や将来設計の相談もできるので安心です。

READ MORE

お手本がたくさんいる!

人間というものは、身近にいる人のことを自然と真似るといいます。そのため、海外で仕事をしている人の話をたくさん聞けば、安心して渡航することができるのです。ベトナムで実際に働いている人はどのような経験をしたのでしょうか。

ベトナムで就職してみた人の体験談

新しい環境で自分を試したい

ベトナムで働こうと思ったきっかけが、日本のようなシステムや業務の流れが決まっているところではなく、言葉でしっかり伝える海外で働きたいと思ったからです。世界情勢の変化も鑑みて、一番面白そうだなと思ったんです。

気質が合っているなと思いました

働くってその土地で暮らしていくってことじゃないですか。だから、私は自分自身の身体に合ったところで働きたいなって思ってました。ベトナムは一年中温かいですし、食べ物も美味しいので僕の体質にぴったりなんですよね。

海外で働くなんて思ってもみませんでした

私は鉄道関係の仕事に就いているんですが、アジアでの進出が多い業界なんです。若い人には基本的に海外駐在員としての声がかかるので、私も全然海外に暮らすって発想はなかったんですが挑戦してみて、今はやりがいを感じています。

引退してから始めてみました

早期退職したため、時間が空きましたが、何か新しいことをしたいなと感じていました。丁度ベトナムで募集があったので、第二の人生ということで挑戦したんです。新しい文化に慣れるのにはもちろん苦労しましたが、楽しいです。

スタートアップに関われる

日本でIT企業に就職をしたのですが、起業のスタートアップに関わりたいという思いがあったので、現在IT起業の設立が盛んなベトナムで仕事を探しました。スタッフをマネジメントする難しさもありますが、それさえも楽しいですね。

就職に関する条件

標識と道路

現地で採用を狙うならチェック

海外駐在員になるにはまず日本企業に就職して社内の募集を待って…というように大変難しいので、現地採用を狙った方が良いと考える人は多いです。
現地採用を狙うなら、現地で契約ということになりますので、その雇用条件を調べておきましょう。

こんな決まりがある

試用期間…日本では基本的に試用期間は3ヶ月となっていますが、現地採用の条件ではベトナムの法令が適用されます。それによると、特別な技術職や専門の職種であれば、試用期間は60日までというようになっています。

保険…全ての会社が加入しなければいけないと定められているため、日本人材の現地採用組だと現地の健康保険に加入することになるでしょう。

サービスを利用して必要書類を揃える

転職や就職支援をアジア各国専用に行なっている企業があるため、いろんな手続きや雇用条件の確認もそこで行なうことができます。
労働許可証が必要になりますので、就職が決まる前に一度相談してみましょう。取得の条件は個人によって異なってくるため、細やかに連絡がとれる支援サービスを利用するようにすると安心です。

新着情報

ベトナムでの暮らしと仕事への疑問

簡単に覚えられる挨拶が知りたいです

ベトナムの言葉はとても難しいので、日本人には発音しにくいこともありますが、挨拶くらいは覚えておきたいものです。挨拶は朝も夜も全て「シンチャオ」という言葉を使うので覚えておきましょう。人によっても言い方は変わってきます。

どんなところに住むのが一般的ですか?

基本的には一戸建てに住むことになります。マンションやアパートもあることはありますが、一戸建てよりも高くなることがあるので注意しましょう。キッチンはないのが特徴で、外食文化が発達している国となっています。

現地スタッフとの接し方に注意点はありますか

日本人材で現地採用というと管理職が多いのでマネジメントに苦労するという人が多いです。基本的にはプライベートと仕事ではメリハリをつけることが大事です。会社の意図と仕事内容をしっかり伝えることが大事になってきます。

マネジメントでやった方が良いことは?

ベトナムのスタッフには、仕事をするときの「報連相」を徹底させるようにしましょう。独立独歩で仕事をする人が日本人にもベトナム人にも多いため、上手な管理のためには自己判断で処理をさせないようにした方が良いです。

ベトナムってどんな国ですか?

日本企業が多く進出している理由があり、それは平均年齢が低く、経済成長がより進むであろうと考えられているからです。密接に日本との関わりがあり、親日のベトナム人も多いため、海外で暮らしている実感がないという人もいます。